おならが豆乳で臭くなることなんてあるの?どんな対策をとるのがベスト?

肉食や脂肪が多い食事で臭いおならが出やすいというのは事実です。
ウェルシュ菌などの、腐敗型の分解をして、インドール、スカトール、アンモニア、硫化水素といった臭いガスを発生させるからです。

 

ベジタリアンな食生活を送っている人の方が、ビフィズス菌のような発酵型の分解がすすみ、おならの臭いに悩まされることは少ないのです。

 

おならのニオイ、多発、おなら恐怖症、おならを出せない地獄の苦しみから解放されます・・・おなら対策の決定版 おなら体質改善プログラム「G−STOP」

 

 

とはいっても、タンパク質補給に豆乳を飲んでおならが臭くなってしまったという人もいます。
タンパク質の分解には、腐敗型の分解を進めるウェルシュ菌が活躍します。
植物性のタンパク質でも、消化不良のタンパク質を分解するにはウェルシュ菌菌が活躍して、臭いの強い物質がでるということになります。

 

こうしてみると食生活のバランスそのものが大切だということがわかります。
大豆タンパクや、ヨーグルトなどは比較的消化吸収が良いとされていますが、肉や脂っこいものなど、タンパク質や脂肪が多い食生活を送っているとどうしてもウェルシュ菌の優位な環境になりやすく、臭いガスがたまりやすくなります。

 

野菜や果物中心の食生活であれば、天然のオリゴ糖も豊富ですし、ビヒダス菌のような乳酸菌が優位になりやすい環境作りができるので、ガスがたまっても、臭くないおならになるのです。

 

「豆乳ダイエットにチャレンジしておならが臭くなってしまた」、「豆乳を飲むようになっておなかが張るようになった」という人は、腸内環境のバランスが崩れていると疑う必要があります。

 

タンパク質の分解では、どうしても臭いのきついガスが発生します。
腸内環境が善玉菌優位で、デンプンやオリゴ糖などの乳酸菌の好物を食事の中に取り入れている、発酵型の分解が優位になる食品バランスを取っているといった条件が満たされないと、すぐに悪玉菌環境に傾いてしまうのです。

 

ダイエットで極端にほかの食品を制限したり、野菜や果物が採れていない生活が続くと、植物性食品とはいっても、臭いおならやガスだまりの原因になってしまうんですね。

関連ページ

おならのにおいの原因は悪玉菌?臭いおならに病気が隠れているかも!
おならのにおいが強くなるのは、動物性タンパク質の腐敗型の分解が行われているからだといわれています。
屁が臭い原因とは
おならが止まらない理由とは?解決方法はこれです