おならの種類

おならに種類があることを御存知ですか?
「おならなんて全部一緒だよ」とおっしゃる人もいらっしゃいますが、実はおならにも種類があるのです。
大きく分けて、発酵型と腐敗型の2つの種類があります。

 

おならのニオイ、多発、おなら恐怖症、おならを出せない地獄の苦しみから解放されます・・・おなら対策の決定版 おなら体質改善プログラム「G−STOP」

 

まずはひとつめの種類である発酵型のおならについて説明しましょう。発酵型のおならには臭くないといった特徴があります。確かにおならには臭いおならとそうでないおならがありますよね。
発酵型のおならは臭くないおならに分類されるのです。

 

発酵型のおならはどの様な時にでるのでしょうか。それは食べ物の消化活動が行われている時によく出るとされています。実は、発酵型のおならは、食べ物が大腸で分解された時に発酵されたガスなのです。よって、大腸で脂肪などが分解される際によく出てしまいます。発酵型のおならは臭くはありませんが、音が大きいといった特徴があります。

 

次に腐敗型のおならについて御説明しましょう。腐敗型のおならは、臭いが強烈なところが特徴です。しかし、発酵型のおならに比べると音が小さく、無音のケースもあります。腐敗型のおならは、その名のとおり、タンパク質が腐敗して発生するガスです。

 

では、タンパク質の腐敗はどの様な時に起こるのでしょうか。それは食事の内容と深い関わりがあります。肉類を大量に摂取する食事では、大腸内でタンパク質が分解しきれないケースがあります。よって、腐敗型のおならが多くでてしまうのですね。また、肉類が多い食事では、腸内の悪玉菌の増殖が進みます。悪玉菌もまた腐敗型のおならを増やす原因となります。

 

悪玉菌といえば、腸内環境の悪化に伴い、その数が増殖してしまいます。便秘の人におならが多いのは、スムーズに排便が行われない為に悪玉菌が増殖することが原因です。増殖した悪玉菌が食べ物を腐敗させ、有毒ガスの発生を促しているのです。おならを抑える為にも何とかして悪玉菌をやっつけたいですよね。
そこで、悪玉菌に対抗する善玉菌の数を増やすことが大切です。