おならが出るときって脂肪分解が関係あるってホント?

腸内でビフィズス菌やウェルシュ菌などが、食物を分解するときに発生するガスがおならになって出ます。
菌によって好物が決まっていて、ビフィズス菌は、炭水化物やオリゴ糖が好物です。
ウェルシュ菌は、タンパク質や脂肪が好物です。

 

タンパク質・脂肪の分解では、ウェルシュ菌が活躍することが多くなるのです。
ところが、ウェルシュ菌は善玉菌ではないのです。

 

おならのニオイ、多発、おなら恐怖症、おならを出せない地獄の苦しみから解放されます・・・おなら対策の決定版 おなら体質改善プログラム「G−STOP」

 

 

腸内環境を良くしてくれるのは、ビフィズス菌をはじめとした乳酸菌です。
食べ物を発酵させて消化吸収しやすくして、腸内の健康を保ってくれます。

 

腐敗型の分解をするウェルシュ菌が優勢になると、おならのにおいのもとになるインドール、スカトール、アンモニア、硫化水素が発生します。

 

こういったガスとともに、発がんのリスクをあげる物質が腸内に発生するともいわれていますから、腸内環境を整えて、乳酸菌が優勢になる環境を保っておきたいものです。

 

日常的にベジタリアンな生活を送っている人は、おならの回数や量は増える傾向にありますが、においもきつくなく、腸内環境もビフィズス菌などの乳酸菌が優勢になっている傾向があります。

 

野菜やくだものには、ビフィズス菌の好物であるオリゴ糖が含まれていますし、自然に発酵型の分解が活発になって、においの少ないおならになると言うことです。

 

これが、タンパク質や脂肪が多い食事が多い人の場合は、どうしてもウェルシュ菌などの悪玉菌が優勢になってしまいます。
脂肪分解を盛んにするほど、体の中ではガスが発生しますし、においの原因物質も発生してしまいます。

 

ガスが多く発生するのも、盛んに分解が進んでいることと考えると悪いことではありませんが、このときに不活性ガスが排出されていることと、善玉菌を減らしていると考えると、バランスが大事だということになります。

 

健康のためには、タンパク質や脂肪に偏らない食生活で、腸内環境を整えていくことも大切なんですね。
臭いおならが続かないように、バランスの良い食生活を心がけたいですね。