ぽっこりお腹とおならに悩んでいる方におすすめの対策

お腹にガスがたまって、ぽっこりお腹が気になっている方は多いと思います。
ぽっこりお腹になると、おならもよく出てしまい、恥ずかしい思いをしたこともあるのではないでしょうか。

 

ぽっこりお腹になってしまう原因はさまざまなものがあります。
まずは便秘。
お通じがしばらくない状態が続くと、お腹に便が溜まって下腹部がぽっこりと出てきてしまいます。
いつもならスムーズに履けていたスカートやパンツがきつく感じられることもあるでしょう。

 

おならのニオイ、多発、おなら恐怖症、おならを出せない地獄の苦しみから解放されます・・・おなら対策の決定版 おなら体質改善プログラム「G−STOP」

 

 

便秘薬を使って排便すれば、ぽっこりお腹は改善されるかもしれませんが、ずっと便秘薬を使い続けるとだんだん効き目が悪くなってきてしまいます。
できれば自然にお通じがあることが一番です。

 

もう一つのぽっこりお腹の原因は、ガスが溜まってしまうことです。
これはおならが出てしまう原因ともなります。
ガスが溜まってしまうのは、普段から空気を飲み込みやすい人(呑気症とも呼ばれます)や、ストレスなどで腸内環境が悪くなっている人に多いです。
他にも、食べ物によっておならが出やすいものがあります。
さつまいもなどが有名ですが、牛乳が体に合わない体質の人なども、飲むとおならが出やすくなります。

 

おならには二種類あり、発酵型と腐敗型があります。
発酵型は、腸内の善玉菌が活躍している証拠で、においも臭くありません。
このおならは健康な方なら誰でも出るおならです。
「プーっ」という音がなって勢い良く出るのが特徴です。

 

腐敗型は、腸内に溜まった食べかすを腸内細菌が腐敗させることによって生じたガスが出ます。
「ブッ」という音が出たり、音が出なかったりします。
このようなおならはとても臭く、たまごが腐ったようなにおいや硫黄のようなにおいがするとよく言われます。

 

腐敗型のおならは腸内環境が良くないサインです。
善玉菌を増やすように、乳酸菌が多く含まれているヨーグルトや乳性飲料を飲んだり、ストレスのない生活を送るように心がけるようにしましょう。
便秘に効く体操なども効果的です。