おならの臭いは食べ物の違い!成分の違いがく臭さの違い!

おならのニオイが食べたもので違ってくる体験を皆さんお持ちのことと思います。
ニオイの違いが出てくるのは、食べたものによっておならの成分が違ってくるからなんですね。

 

植物性の食品を食べた時のおならは、セルロースや炭水化物、脂肪といったものが発酵することで作られます。
このときのおならは、二酸化炭素、メタンが含まれます。

 

おならのニオイ、多発、おなら恐怖症、おならを出せない地獄の苦しみから解放されます・・・おなら対策の決定版 おなら体質改善プログラム「G−STOP」

 

 

それに対して、動物性のタンパク質を食べた時のおならは、消化不良のタンパク質が分解するときに腐敗型の反応が起きますから、インドール、スカトール、アンモニア、硫化水素が含まれます。

 

比べてみると、動物性タンパクの腐敗型の分解で発せするガスは、ニオイがきついことにお気づきでしょう。
温泉の硫黄のニオイをイメージしていただけるとわかりやすいと思いますが、『硫化水素』などの硫黄の化合ぶつのニオイはかなりきついものです。

 

ほかにも、アンモニアなどのニオイのきつい成分が含まれているので、こうした動物性タンパクを食べた時の腐敗型の分解が起きているときにはかなり臭いということになるのです。

 

ほかにニオイが気になる食品として、タマネギやニンニクが思い浮かびますが、やはり硫黄化合物が多く含まれています。
タマネギが目にしみるのは、硫化アリルという成分の刺激によるものです。

 

食べ物のニオイがおならに影響してくるのは、食べてから6〜7時間といわれていますから、夕食に食べた焼き肉が翌日の午前中に影響するということがありそうですね。

 

体の自然な働きとしておならは作られるものですし、消化吸収の工程でどうしてもできてしまうものです。
しかし、加齢によって消化機の分泌液が減ったり、慢性的な炎症や潰瘍がある場合にもおならが増えたりニオイが変化したりすることがあります。

 

名古屋大学では、おならの成分の変化から大腸がんの早期発見ができないか研究が進められているほどです。
おならの成分の違いがニオイの違いになるのですから、健康のバロメーターになりそうですね。

おならの臭い記事一覧

おならのにおいの原因は悪玉菌?臭いおならに病気が隠れているかも!おならのにおいが強くなるのは、動物性タンパク質の腐敗型の分解が行われているからだといわれています。野菜を多く食べる人の場合は、おならの回数や量は多くても、アンモニアや硫化水素といった成分が少ないので、あまりにおいません。腸内で食べ物が分解されるときに必ずガスが発生しますが、乳酸を発生させる善玉菌は食品を発酵させて分解して、消化吸収を助...

屁が臭い原因とはついに公開! 腸内環境、腸内血流改善法で「おならの悩み」を取り除く!おならのニオイ、多発、おなら恐怖症、おならを出せない地獄の苦しみから解放されます・・・おなら対策の決定版 おなら体質改善プログラム「G−STOP」屁 臭い 原因屁 多い 原因おならの成分は、約70%が窒素、炭酸ガス、水素、メタン、酸素で構成された空気。これは主に食事をする時にいっしょに口から入ったものだ。残りのうち...

肉食や脂肪が多い食事で臭いおならが出やすいというのは事実です。ウェルシュ菌などの、腐敗型の分解をして、インドール、スカトール、アンモニア、硫化水素といった臭いガスを発生させるからです。ベジタリアンな食生活を送っている人の方が、ビフィズス菌のような発酵型の分解がすすみ、おならの臭いに悩まされることは少ないのです。おならのニオイ、多発、おなら恐怖症、おならを出せない地獄の苦しみから解放されます・・・お...