おならが多く出る病気とは

おならはあまり歓迎されるものではありません。
おならをすることで、その場の雰囲気が変わってしまったり、特に臭いを伴うおならは、周囲の人に迷惑をかけてしまいます。エチケットのひとつとして、人前でおならをする行為はできるだけ避けたいと思いますね。

 

おならのニオイ、多発、おなら恐怖症、おならを出せない地獄の苦しみから解放されます・・・おなら対策の決定版 おなら体質改善プログラム「G−STOP」

 

しかし、エチケットとして人前でおならをしてはいけないと思ってはいるものの、頻繁におならがでてしまうといったお悩みを抱えている人もいらっしゃると思います。その様な人に対しては、「エチケットがなっていない!」と指摘をするのではなく、病気の発症を心配してあげることが大切です。実は、おならと病気は密接な関係があるのです。

 

おならが多くでる病気には、胃腸が弱る胃腸炎や慢性胃炎、そして肝臓機能の低下に伴う病気が疑われます。頻繁におならをする人が周囲にいらっしゃる場合には、その様な病気の可能性を示唆してあげることで、病気の早期発見・治癒につながりますね。

 

おならは腸内で発生したガスが原因で起こります。
頻繁におならが出るケースでは、腸内のガスが大量に発生していることが考えられます。
胃腸に異常がある腸炎や慢性胃炎では、腸内に大量のガスがたまり、それを排出する為におならの回数が増えてしまいます。胃の機能が低下しているために、食べ物を消化することができず、消化不良の状態に陥っています。

 

また、肝臓の機能が低下した際にもおならが多くなります。
肝臓では、脂肪を分解する胆汁が作られていますが、肝臓の機能が低下すると胆汁の量が減少してしまいます。その結果として、分解されなかった脂肪が消化不良を起こします。消化されないまま大腸へ送られた志脂肪がガスとなりおならの発生につながります。

 

こうしてみると、おならを多くすることは、病気の発生と深い関わりがあることが分かりますね。
おならの回数は、いわば体からのSOSなのです。最近、おならの回数が増えたなと感じる人は、自分の体調について入念にチェックをしてみましょう。