お腹のガスはたまってると危険ですよ

 

 

ついに公開! 腸内環境、腸内血流改善法で「おならの悩み」を取り除く!

 

おならのニオイ、多発、おなら恐怖症、おならを出せない地獄の苦しみから解放されます・・・おなら対策の決定版 おなら体質改善プログラム「G−STOP」

 

こんなことで悩んでいませんか

週に1回くらいコロコロとした便が2、3個出る程度で、お腹にガスがパンパンに溜まる。
お腹にガスが溜まり胃や横隔膜まで痛く辛くなる。ガスが出れば楽になるがすぐに溜まってしまう。
普段から下痢で、酷いときは粘液が混じる。そして毎回、食事中におならがしたくなる。
おならが頻繁に出る。しかもとてもくさい。
おならの臭いはしないが、10分おきにガスが出る。
お腹が空いていないのにギュルギュルと腹鳴りがする。
寝る時に横になるとお腹が鳴り続ける。
一回のおならが大量に出るため、我慢するとお腹が痛くなったり、大きな音でお腹が鳴ってしまう。

 

おなら体質で、真剣に悩んでいるあなたへ。慣れてしまえば無意識で出来る簡単な事をたった28日間継続するだけで、おなら体質改善プログラム「G−STOP」を伝習します!

 

 

お腹にガスが貯まっていると危険なのはご存じですか?
おならってついついどうしてもがまんしがちですよね

 

匂いもあるますしね・・

 

しかしずっとおならをガマンしておるとお腹のガスはとんでもないことになってしまうのですよ

 

 

お腹の張りの正体はガス?

 

乳製品の摂り過ぎや納豆、キャベツでもガスが出やすくなります。
「なんだか今日はお腹が張るなぁ。」という時は、腸内にガスが溜まっているかもしれません。腸の張力に過敏な人であれば、少しガスが在るだけでも張りや痛みを感じやすい場合がありますが、ガスがたまっていても、自覚症状は無くお腹がポコっと出ているように感じるだけの人もいます。

 

不快感には個人差があり、ツライとは思わなくても、お腹を健康状態のバロメーターとして見た場合、過剰にガスがたまるという状態が続くことは、なるべく避けたほうが良いと思います。

 

 

 

腰の筋肉が硬いとガスがたまる?

 

自律神経系の乱れでお腹の調子が悪い時、腰の筋肉もリラックスできていない状態かもしれません。
お腹にガスがたまりやすい場合は、食事や飲み物の内容や早食いの習慣などを見直すことや、お腹を締め付けない下着や服を着ることなどで緩和されるケースもあります。

 

しかし、仕事での緊張感から気づかない間に、空気を飲み込んでいる人、またストレスにより腸内にたまるガスへ過敏な反応を示す人もいます。その場合、腰部の筋肉がリラックス出来ず、硬く緊張しているという共通点を見出せる場合があります。

 

過剰にガスがたまる原因は!?

 

食事の際に、食べ物と一緒に空気を飲み込んでしまう。

 

無意識のうちに空気を飲み込んでしまう。

 

「刺激がたまらない!」と炭酸飲料、ビールは欠かせない。

 

食事はついつい早食いになってしまう。

 

ガムを噛む習慣がある。

 

ストレスを感じやすく、気持ちが安らげない。

 

「健康のため!」と思い、乳製品、豆製品を摂りすぎてしまう。

 

上記のように、空気を飲み込んでしまう原因となるものや、体内でガスが発生するような食べ物、飲み物が原因となる場合などがあります。

 

 

お腹がすぐに張ってしまうガス腹の人は、腸の働きも悪いため代謝が悪くなってしまいます。代謝が悪くなるということは、排尿や排便、発汗などもうまくいかなくなるということで、エネルギーが溜まりやすい状態をキープすることになります。
それはやせにくい体になってしまうということです

 

 

ダイエットをするよりもガス腹解消のために規則正しい生活を身につけ、運動不足を解消しましょう。そしてできるだけ腸の動きを活発にするために、肉を食べ過ぎたり偏食したりせず、野菜や穀物などの食物繊維を摂って腸の中の善玉菌を増やすように心がけましょう。

 

そしてその健康な体作りのため、腸にガスを溜めないようにすることがダイエットにも有効なんです。

 

腸の中に便がたまっていると、悪玉腸内細菌が増え、腸の中の消化物が腐敗してガスが発生します。
このガスは腹痛や病気の原因にもなります。

 

お腹のガスを解消して健康ライフを手に入れましょう

 

 

実は、おなら体質を改善するうえで重要なことはたった一つしかいないから。
そのたった一つを意識してを体質改善をすれば、何年もおなら体質で悩んでいた人が、
おならで悩まない普通の生活を簡単に手に入れてしまうからです。
詳細はここから↓